HOME >

排卵と妊娠

妊娠適齢期 

結婚適齢期という言葉があるように妊娠にも適した年齢があります。それは、だいたい20?35歳であると言われ、妊娠適齢期と呼ばれます。人は年齢を重ねて老化をしていくことで、生殖機能も低下して妊娠しにくくなっていきます。特に35歳を過ぎたあたりから、卵巣の機能が大きく低下し始めます。

医学的に見る妊娠適齢期を過ぎたことによるマイナスの点は、妊娠しにくくなること、そして妊娠しても流産の可能性が高くなることが挙げられます。35歳を過ぎるあたりから月経周期に乱れが生じやすくなるため、妊娠の確率が一気に低くなってしまいます。また、子宮筋腫や不妊などのリスクが上がり、染色体の異常が認められる率も上がるため、流産や胎児のダウン症の可能性が高くなります。

しかし、最近は女性の社会進出が増えて、30歳を過ぎてからの結婚など珍しくなくなりました。全体的にも晩婚化の傾向にあります。女性がキャアを積んで、一段落ついた40歳頃に妊娠、出産を希望するということもあります。また、医学的にも不妊治療の技術進歩などによって、昔は難しいとされていた35歳を過ぎた高年齢での妊娠、出産も可能になりました。

現代では、女性が男性と同じようにキャリアを積んで、妊娠や出産の時期も自分で選択できるようになり、妊娠や子育ての状況が大きく変わろうとしていることは間違いないでしょう。しかし、年齢が上がることで妊娠の確率が低下することも事実です。妊娠を望むのであれば、妊娠適齢期の内が理想であると思われます。