HOME >

排卵と妊娠

高齢出産 

高年齢出産とは医学的に、女性が35歳以上で出産をすることを言います。しかし、この35歳というボーダーラインには明確な意味はなく、高年齢出産のリスクが30歳を過ぎたあたりから徐々に高くなっていくということで、35歳を境にして急激に危険性が高まるものではありません。しかし、高齢出産には2つのリスクがあります。1つ目は高齢妊娠によるリスクで、年齢が高くなるほど卵子も老化が進むため、妊娠しにくくなるということです。

また、卵子の老化により染色体異常も起こりやすくなるばかりでなく、加齢による精子のDNAの損傷も影響があることが分かっています。2つ目は高齢分娩のリスクで、20?24歳の妊婦に比べて40歳以上の妊婦の死亡率は20倍以上にも高くなるという報告がなされていることです。

そして、高齢分娩は妊婦が危険になるだけでなく、流産や早産の可能性も増加します。特に初産の場合は危険性がさらに増します。しかし、これは高齢出産のすべてが高いリスクを持つというわけではなく、若い年齢での妊娠、出産に比べてリスクが高くなるという意味です。

現代では女性の社会進出などによる晩婚化の傾向が高いため、それに伴い高齢出産も年々増加しています。そして医療技術のめざましい進歩により昔に比べて出産の安全性も高くなりました。しかし、高齢になることで妊娠の可能性や機能が低下していくことには変わりなく、妊婦の身体の負担も決して軽いものでは無いということを認識しておく必要があります。