HOME >

排卵障害

月経前症候群 

月経前症候群とは月経が始まる2週間前から起こる心と身体の不調を言います。吹き出物や下腹痛、腰痛、乳房の張り、頭痛、肩こり、食欲増進、冷え、むくみ、吐き気、下痢、便秘など様々な症状が見られます。月経前症候群の原因は女性ホルモンにあります。女性ホルモンであるエストロゲンは月経が始まって排卵が起こるまでの期間に分泌量が増えます。

この時期は月経周期のうちで一番調子の良い時にあたります。肌の調子もよく、心も穏やかです。しかし、排卵から次の月経までの期間は、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌が活発になることで、身体や心の調子を乱しやすい時期であると言えます。この時期の症状は人それぞれで、家事や仕事にまで支障をきたす人もいれば、まったく普段の生活と変わりなく過ごすことのできる人もいます。

閉経していない女性の約90%は月経前症候群と思われる何らかの症状を持っていると言われます。しかし、多くの女性がそのつらい症状が月経前症候群であることを認識していません。そのため、心や身体に不調が生じていてもその症状に対処できないことが多く、仕事や人間関係が悪い方向に向いてしまうこともあるようです。

月経前症候群を自己管理して、周囲にも理解してもらうためにも、まず自分自身がしっかり認識することが重要です。症状が重い場合でも、ネガティブに考え過ぎず、女性なら少なからず誰でも持っている悩みであると、前向きな考え方をすることが大切です。