HOME >

「排卵と月経、女性ホルモン」

女性の体は約28日の周期で変化しています。個人差はありますが、だいたいそんな周期ですね。

このサイクルは月経とも呼ばれ、女性が妊娠するために、体が妊娠の準備をする体のシステムなのです。

女性ホルモンは女性らしい体を作ったり、健康を保ったりする重要な働きもありますが、一番重要なのは、妊娠に備えて、体内に水分や栄養を蓄えるように促す働きなんですよね。

そして、女性ホルモンには卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンと黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンの2種類があります。

エストロゲンの方は、主に女性らしさを作るホルモンだとされています。

肌の潤いが保たれたり、髪のツヤがよくなったりと、女性らしい身体作りをする一方で、骨を強くしたり、代謝をよくしたりという、身体を丈夫にする働きもあります。

そのほかにも善玉コレステロールを増やしたり、血管を強くしたり。まさに健康作りに役立っているといえますね。

 

一方、プロゲステロンは妊娠に関わるホルモン。子宮内膜や子宮筋の働きを調整したり、乳腺を発達させたりします。

食欲を促したり、利尿を行なったり、体内の水分を整えたり、血糖値を正常に保ったりもしています。

どちらも重要なホルモンであることがわかりますよね。このふたつのホルモンバランスによって、排卵も行われているのです。

 

排卵前は女性らしさを作るホルモンである、エストロゲンの分泌が多くなります。

人間も動物ですから、排卵前にオスを引きつけようとする、フェロモンのような働きだと考えられますね。

エストロゲンのピークを迎えると、少しずつ分泌量が減ります。そして両方のホルモンのバランスが取れたとき、排卵が起きます。

逆にプロゲステロンの分泌が増えると、体は妊娠の準備に入ります。

このあたりから生理前の時期となり、身体には変化がおきます。むくみやすくなったり、便秘が起こったり、イライラしたり。

おなじみの症状ですよね。

 

「月経と排卵の関係」

女性ホルモンの働きにより、身体の中では排卵と妊娠の準備が行われています。

プロゲステロンの分泌量が増えると、子宮内膜に栄養が蓄えられ、受精卵が来るのを今か今かと待ち構えます。

受精卵が到達しなければ、プロゲステロンは減少します。やがてエストロゲンとプロゲステロンの量が逆転し、月経がはじまります。

必要なくなった子宮の中の受精卵のためのベッドと、受精しなかった卵子を体外に排出するための動きですね。

ちなみに受精卵がやってきた場合、もう一つのホルモンであるヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンが急激に分泌されます。

このホルモンは尿の中にも混入するため、尿検査で妊娠がわかるというわけですね。

 

「女性ホルモンが乱れると」 

女性ホルモンの分泌バランスが正常であれば、排卵や月経も約28日周期でやってきます。

でも分泌のバランスが乱れると、女性の体には様々な症状が現れます。

この症状の中で、最も悩んでいる方が多いのは生理痛ではないでしょうか。

 

生理中には、剥がれ落ちた子宮内膜を体外に排泄するために、プロスタグランジンというホルモンも分泌されるのですが、このプロスタグランジンには炎症などを引き起こす作用があるんです。

これが過剰に分泌されると、生理痛が引き起こされるというわけですね。

痛みはなくても、生理不順に悩む人もいますね。

月経がない、きても経血が極端に少ない、というのも、ホルモン分泌のバランスが崩れているためとも考えられます。

これらは大きなストレスや、過度なダイエットで引き起こされることが多いようですよ。

あまりにも酷いと、排卵されなくなったり、子宮内膜が薄くなったりも。月経が起きなくなる場合もあります。

月経期以外で起こる不正出血も、ホルモンバランスの乱れが原因で起こることもあるようですよ。

不安を感じるような時は、婦人科を受診するべきだと思います。