HOME >

月経周期とホルモンバランスの関係

「女性ホルモンの分泌量は変化する」

月経前になるとイライラする、眠くなる。これらは女性特有のもの。女性ホルモンの分泌により、引き起こされます。

自己管理で回避できるものではないので、辛い場合も多くあると思います。

女性ホルモンには多くの種類がありますが、中でも代表的なのが「エストロゲン」・「プロゲステロン」。これらは月経周期によって分泌量が変化し、女性の体と心に大きな影響を与えます。

この2つのホルモンが、バランス良く分泌されていれば、不調は大きくなりません。しかし、ストレスや加齢、不規則な生活などでバランスに影響があると、様々な不調が起きやすくなるのです。

 

「ホルモンは何をしているのか」

ホルモンの分泌量が変化するのは、女性ホルモンが妊娠と出産に備える働きをしているためです。

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、子宮内膜が暑くなる時期から、排卵前にかけて分泌が盛んになります。この時期、基礎体温は低くなります。

この時期は、比較的心身ともに安定しています。体調もいいことが多いと思いますね。前向きな気分でアクティブになれるので、何かを始めるにも向いている時期といえます。

女性らしさを作るホルモンですから、肌や髪が潤ってツヤが出たり、骨や血管を強くします。性欲も高まりやすい時期です。

この時期は心身共に充実しているのため、生活にもハリが出やすいですね。

 

一方のプロゲステロンは、エストロゲンの分泌がピークに達したあと、分泌が始まります。

黄体ホルモンとも呼ばれるプロゲステロンは、妊娠しやすい体にするためのホルモン。子宮内膜を厚くて、受精卵が着床するのに備えます。

プロゲステロンの分泌量が盛んになるのは、排卵前後。この時期は、イライラしやすい、不安を感じるなど精神的に不安定になりやすくなります。

身体的にも、頭痛や肩こり、腰痛などの症状が現れる場合もあります。

このような症状は月経前症候群(PMS)と呼ばれ、人知れず苦しんでいる女性も少なくありません。

妊娠が成立した場合は、妊娠を継続させるためにプロゲステロンが分泌され続けます。

そのため妊娠中は高温期が続き、通常時のように波は出来なくなります。

妊娠しなかった場合は、エストロゲン・プロゲステロンともに分泌がどんどん減少していきます。

それによって妊娠が成立しなかったことが確認され、子宮内膜が剥がれ落ちます。そして剥がれ落ちたことで出血した血液と一緒に、身体の外へ排出されます。

これが月経(生理)ですね。

このように、月経周期の一連の流れは、妊娠・出産に備えるためのもの。その一切は、女性ホルモンによって引き起こされていることが分かります。

 

「生理痛が重いのもホルモンバランス?」

生理前には体調が悪くなる、気分も沈みがち、というのは誰にでもありますが、もし通常の生活が困難になるほどであれば、月経前症候群(PMS)かもしれません。 体調の悪さは、頭痛、むくみ、便秘、眠気など。精神的にはイライラ、不安、憂鬱などが主なものですが、他の症状が出る人もいます。

たまに辛いことがある、という場合はあまり心配いらないと思いますが、生理がくるたびとても辛い思いをしているのであれば、ホルモンバランスが乱れている可能性があります。

女性ホルモンは脳下垂体の指令によって分泌されています。脳下垂体は自律神経を調整している部分のすぐ近くにあるため、自律神経が乱れていると、ホルモンバランスも崩れやすくなります。

ストレスなどで自律神経が乱れると、女性ホルモンの分泌もおかしくなる、といわれるのはそのせいです。

女性の身体も心も気難しいので、ちょっとしたストレスでも影響が出るものです。何種類ものストレスが重なったり、栄養不足があったりすると、PMSの症状が出たり、重くなったりします。

大切なのは栄養をしっかり摂ること、適度に運動すること、しっかり眠る事です。

ストレスが多いと感じたら、お風呂にゆっくり入ったり、好きな香りを用意するなど、リラックスできる時間を作ると良いでしょう。

 

2つのホルモンを正常に分泌させる為には、ビタミンB6とビタミンEが効果的です。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをします。積極的に摂りましょう。

ホルモンバランスが乱れたままになっていると、将来妊娠しにくくなったり、肩こり、頭痛、肌あれ、のぼせといった更年期のような症状が早く出たりする可能性があります。

閉経が早まってしまう人もいます。安定した生活を送れるように、日々の生活習慣を見直すことで、女性ホルモンの分泌も整えることが出来ると思います。

もし、長く辛さがある時には、婦人科を受診するといいですね。

他の病気が隠れていたら大変ですし、婦人科にはPMSの重さによって処方される薬もあります。

おすすめ

減少した女性ホルモンを増やすのに、役に立ちそうな情報を集めているウェブサイトです。
⇒ 女性ホルモンを増やすには?(外部サイト)