HOME >

ホルモン剤の効果

ここでいうホルモン剤とは、女性ホルモンが配合された薬のことです。避妊薬や、更年期症状緩和剤として利用されるものですが、副作用の報告もあり、慎重に使う必要があります。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの種類があるのは、有名ですね。

エストロゲンは、排卵前に分泌量が多くなり、妊娠に備えて子宮内膜を厚くしたり、女性らしい体を作ったりするホルモン。

プロゲステロンは、排卵後に分泌量が増え、子宮内膜の厚みを維持したり、基礎体温をあげるなどの働きをするホルモンです。

ホルモン剤には、その配合によって様々な種類があり、それぞれ効果も異なります。

一般的に広く使われているホルモン剤には、経口避妊薬がありますね。

 

経口避妊薬はピルと呼ばれるホルモン剤の一種です。体内のホルモンを人工的に調整することで、身体を妊娠状態と同じにします。

妊娠していると、もう妊娠しませんよね。その原理で、避妊に役立つというわけです。

ピルは避妊だけでなく、生理不順やPMSの治療にも使われていますし、子宮筋腫や子宮内膜症の症状を緩和する目的でも、処方されていますね。

また、体内で不足している女性ホルモンを補い、バランスを整えることで更年期症状を緩和させるとして、ホルモンを直接補充する方法もあります。

経口薬・塗布薬・肌に貼り付けるタイプとさまざまありますが、内容も色々あります。エストロゲンだけのもの、プロゲステロンだけのもの、両方が配合されているもの。悩みや症状に合わせて使用されています。

更年期症状緩和の他にも、排卵がうまくいかない場合や無月経症、不妊治療にも使われることがあります。

いずれにしても、医師と相談の上、納得して利用することが大切。効果がみこめるものは、身体に負担もあるものですから。

 

ホルモン剤の副作用

とても役立つホルモン剤ですが、副作用の報告もあります。

便利なだけではないものなので、しっかりと医師と相談をして、納得できた上で利用したいですね。

報告されている副作用は、次の通りです。

上記の副作用は、ホルモン剤によって環境が変化したことへの短期的な反応で、服用を続けていくうちに改善されることがほとんどのようです。

この他に、不正出血や鬱状態などがあらわれることもあります。

特に重大な副作用としては、血栓症があります。ホルモン剤には血液を固めやすくするものもあり、突然の足のむくみや呼吸困難で発症します。

喫煙者や高血圧の持病がある人は、特に注意が必要ですね。

 

処方は医師の判断で

以上のようにホルモン剤には、更年期症状を緩和させるかと思えば、更年期症状のようなものが出たりと効果と副作用が表裏一体となる性質があることがわかります。

ホルモン剤は万能ではなく、あくまでも症状が重い場合に、緩和させる目的で使うものです。

自分の判断で処方してほしいと願うばかりでなく、診察をきちんと受けたうえで本当に必要かどうかを医師に判断してもらいましょう。

また、処方を受けた際は、勝手な自己判断などをせずに、きちんと医師から指示された用法・用量を守って服用するべきですね。