HOME >

女性ホルモンの基礎知識

女性ホルモンと骨盤の関係

女性ホルモンを分泌する重要な器官であり、卵巣や子宮を守っているのが骨盤です。女性の骨盤は男性とは違い、妊娠によって大きくなる子宮を保護する役目を持ち、それと同時に胎児の出産時の出口を確保する役目もあるため、横に大きく張り出した形状となっています。

女性の身体は男性に比べて小さいにも関わらず、男性には無い子宮や卵巣をその他の臓器と共に詰め込んでいるため、下半身の血行が滞りやすく冷えやすい構造となっています。これが男性に比べて女性に冷え性が多い原因だと言われているのです。

女性の骨盤は、仙骨、尾骨、恥骨、坐骨などいろいろな骨から形成されています。骨盤を形成する骨と骨の間には隙間が存在しており、大きく広がったり小さく締まったりと形を微妙に変えることができるようになっています。

そのため、妊娠で胎児が成長するに従って大きくなったり、月経の影響で緩んだり締まったりできるのです。このように骨盤が形状の変動を繰り返すことで、骨盤内の筋肉や血液の循環も影響を受けてしまうのです。月経前にそけい部やわき腹に痛みを感じたりするのは、この骨盤の形状の変動によることが多いようです。

女性ホルモンの分泌とその働きは、子宮、卵巣、骨盤の形状すべてに関連があります。これらすべてが作用し合っているのです。

ストレスなどでホルモンバランスが崩れ、卵巣の働きが低下して月経不順が起こり、自律神経や免疫系などにも影響を与える結果となります。これによってむくみや冷え、精神不安定、疲労感などの不快な症状が現れます。そしてさらに、これら症状が卵巣の働きに作用するという悪循環に陥ってしまいます。

つまり、女性の身体と心はすべてにおいて連動しており、切り離して考えることはできないということなのです。