HOME >

排卵日の予測

排卵とおりもの

排卵日を知る方法のひとつに「おりものの変化」を見る方法があります。おりものとは子宮頸管粘液のことで、子宮頸管や膣の粘膜から分泌される粘液のことを言います。

おりものは膣内を適度に潤すことで、細菌が侵入してくるのを防ぐバリアの様な働きをし、老廃物や古い細胞などを排出する役目があります。普段、膣内は酸性に保たれているのですが、排卵が近づくと子宮頸管からの粘液が増して、精子が侵入しやすくなるアルカリ性へと変化します。

月経周期が28日周期の人の場合、おりものは月経開始日より8~10日頃から多くなってきます。粘り気が強くなり、固まりのようなものが見られることもあります。

排卵日が近づいてくると、膣内の水分量が多くなり、卵白のような状態になるまで増えていきます。おりものは精子の侵入を助けるために、このような状態になるのです。

この状態は2、3日ほど続きます。排卵日の症状としては、おりものの粘性が高まること、色が卵白のような状態から透明に変化すること、そして普段は水に溶けるおりものが排卵日付近では溶けなくなることが挙げられます。

 

しかし、おりものの変化だけで排卵日を見分けることは非常に難しく、実際おりものの状態から排卵日であると思っていても、何日かの誤差が生じることは多々あります。

これは、排卵日を単一の方法だけで特定するのが困難であることを示しています。おりものの変化と併せて、基礎体温測定や排卵日チェッカー、妊娠検査薬などで排卵日特定の精度を上げていくと良いでしょう。